消費者金融と銀行の違い | 即日融資のカードローンならその日のうちに現金の借入が可能に!

即日融資のカードローンならその日のうちに現金の借入が可能に!

消費者金融と銀行の違い

「消費者金融と銀行の違い」のイメージ画像です。

まずカードローンについてですが、これには消費者金融によるカードローンと銀行によるカードローンがあります。
おそらくみなさんがイメージするカードローンは消費者金融によるものではないでしょうか。
どちらも現金の貸付をおこなってくれる点は同じですが、それぞれで違いがあります。
何も知らずに利用してしまって不便な思いをしては意味がないので、しっかりそれぞれの特徴や違いを頭に入れておきましょう。

まず銀行カードローンですが、こちらの大きな特徴は低金利での貸付をしてくれることでしょう。
カードローンによってお金を借り入れた場合、返済に利子をつけなければいけません。
この利子が高く設定されていると、返済に必要な金額が増えてしまい、最終的には借りた金額の倍近い額を返済しなければいけないなんてことにもなりかねません。
ですが、銀行カードローンなら低金利での借入が可能ですので、利子に関する負担がそこまで大きくならないのです。
また、借入限度額の上限に関しても状況次第では1,000万円までと設定されているため、大口融資も可能です。
ただし、こうしたありがたい待遇になっている反面、審査が厳しめになっている点は注意しましょう。

一方、消費者金融カードローンですが、こちらは銀行カードローンに比べると利子が高くなりがちですし、借入限度額の上限も銀行カードローンほど高くはありません。
ただ、審査の基準は銀行カードローンよりも甘くなっていますし、即日融資をおこなっているところも多いです。
また、消費者金融カードローンは金利が高くなってはいるのですが、利用から30日以内なら無利子での返済を可能にしてくれているところが多くなっています。
この期間中に返済できる目処があるのであれば、消費者金融カードローンを利用する方が断然便利でしょう。