質問は正直に回答 | 即日融資のカードローンならその日のうちに現金の借入が可能に!

即日融資のカードローンならその日のうちに現金の借入が可能に!

質問は正直に回答

「質問は正直に回答」のイメージ画像です。

どこでカードローンの申込みをしようとも、まずは審査をクリアできなければ意味がありません。
審査と言ってもいくつか質問をされるだけですので、それに答えていくだけです。
ただ、カードローンを利用しようと考えている人の場合、相当切羽詰った状況に陥っていることが考えられます。
「もしこの審査が通らなかったら終わり…」と考えてしまうほどに追い込まれている人もいるかもしれません。
そのため、どうしても審査をクリアしたい一心でウソをついてしまうケースが多いのです。
ですが、ウソをついたとしてもすぐにバレてしまうことがほとんどですし、ウソをついたことによって心象を悪くしてしまうと利用できなくなってしまう可能性があります。
審査に通らない可能性を少しでも減らしたい気持ちはわかりますが、ウソの申告だけはしないようにしましょう。

ついウソの返答をしてしまう質問として最も多いのが「年収」です。
カードローンの申込みをするとき、まず聞かれるのが年収でしょう、
利用する側としては「より年収を稼いでいる方が多く借りられるかも」という考えがどうしても浮かんでしまいます。
そのため、はっきりとした年収がわからなくとも、多めにサバを読んで答えてしまう人が多いのです。
ただ、消費者金融カードローンで貸し出せる限度額は年収の1/3と決まっているため、ここでウソをついてしまうと後々問題になりかねません。
また、審査のために給与明細のコピーを提出しなければいけなくなるため、ここでウソをついたとしても簡単にバレてしまう可能性が高いのです。

他にも他社からの借入の有無など、ついウソの返事をしたくなるような質問がたくさん出てきます。
しかし、ウソをつくメリットはまったくないですし、これによって自らの首を絞める結果にもなりかねないので、質問はすべて正直に答えるようにしてください。